月並書店業務日誌

店主が日々のことをあれこれと綴るブログです。入荷情報や書評、レア情報などをお届けします。なるべく週一回更新!

2021年1月6日

あけましておめでとうございます。

カテゴリー:日常

あけましておめでとうございます。
昨年はコロナに振り回された一年でしたね
コロナ以外にも運良く事務所の近くに倉庫を引っ越しできたことも印象深かったです。
感染リスクがあるにも関わらずお呼びいただきましたお客様に感謝しなければ

とはいえ、このコロナいつ迄も続くものでは無いと思います。
コロナに注意を払いながら今年も燃え尽きない程度に
励んで参りますので本年も宜しくお願いたします。


月並書店 大河 武彦

2020年4月6日

新たな拠点

カテゴリー:日常

事務所から自転車で1分の距離に書庫として借りてる賃貸がある、

事務所(わりと広い)+その物件で月並書店の在庫を回しているのですが、最近手狭になってきた為

事務所から徒歩30秒の物件に内覧に行ってきた、ファミリータイプの鉄筋造で

本の倉庫にくわえキッチンが広いのでお昼ごはんを作れそうな感じです

おそらくは決まりそうな感じではあるが、返事は週明けになりそう。

 

2020年4月4日

幸せな体験

カテゴリー:日常

閉店した古書店の買取作業、往復2時間の道を通いながら半月を掛けて
膨大な在庫と格闘中にとんでもないお宝を発見した。

この本に関する事前の知識は無いが、直感でこれは貴重な本だとわかった
ミルトン・ナシメント全集、手にとったのは8巻と別巻の9巻
ということは最後が9巻で残り7冊あるはず、天井に届きそうな本の棚の前に
更に本が積み上がってもう一つ壁ができている、その本の壁の中から表紙のデザインを頼りに探し出す
4.7.3.1.5.6.2と、、無事揃いのようだ
奥付を確認、初版が1981年、まだまだ現役中のはず?なのになぜに全集が出版されるの?
 随分中途半端だと思いながらもベージをめくり構成を確認、アルバムの紹介と作成中のインタビュー
写真のスナップ、関連した音楽家の相関図に銘打ての評論家のライナーまで掲載されており
こんな本が出版されていたなんて、これは売りたくない!と思ったところで夢から覚める

(いきなりミルトン・ナシメントのことを語ってしまい、当惑されたかと存じますが)

過去に手放してしまったレコードや過去の買取の現場など
様々な体験がないまぜになった夢でしたが、
まだ出会ったことのない本に驚きとても鮮烈で幸せな夢でした。

忘れたくなかったので寝ぼけながらもiphoneのメモに記しておいてよかった
おかげで久々に更新ができました、ということで月並書店は元気に営業中です。

近況報告としましては事務所と他に1件倉庫代わりに賃貸を借りているのですが
手狭になって来たので事務所はそのままで、もう一軒の引っ越しを検討中です。

月並書店 大河 武彦

2019年1月9日

あけましておめでとうございます

カテゴリー:日常

あけましておめでとうございます、月並書店の大河です。

年明けよりだいぶ経過してしまったのですが、改めて今年もよろしくお願いいたします。

仕事始めである3日よりインフルエンザに掛かってしまいまして
寒気を感じたその日の内に病院に掛かったのですが未だ解熱3日目、ウイルス保有の疑いあり
数日は買い取りを控えさせていただきお客様に移さないようにしたいものです。

スタッフの武内もインフルエンザで本日午前中で帰宅、
さながら野戦病院の様相ですが、日々の健康のありがたさや
こうして悠長に私が休養できるのも在庫のストックのおかげであり
引いてはその在庫を譲って頂いたお客様への感謝を身をもって再確認いたしました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


月並書店 大河 武彦

平成31年1月9日 

2018年12月29日

今年もたくさんのご依頼ありがとうございました。

カテゴリー:日常

月並書店の大河です、久しぶりの更新が今年最後のものとなってしまいました。

今年もたくさんのお問い合わせありがとうございました

来る年が皆様方にとって素晴らしい一年となりますこと心からご祈念申し上げます。

 

月並書店 大河 武彦